院長の独り言

レスキュー

2011年4月13日

動物病院で診察させていただくワンちゃんネコちゃんは、当たり前のことですが・・ほとんど飼い主さんがきまっているワンちゃんネコちゃんです。なかには、これから飼い主さんに巡り合うコたちもいます。

レスキューの方々が新しい里親を見つけていかれるのですが、去勢・避妊手術をすませてから新しいおうちへ行きます。

その手術のところを私もお手伝いさせていただいていますが、ほんの一時だけふれあったコたちでも 私との間には何か通じるものがつくりあげられます。そんなコたちが新しい飼い主さんのもとへいき、「しあわせにしているよ^^」と聞くととても喜びを感じます。

今日のおともだちは、ジョリーくんです。

レスキューの犬としては異例のG・ピレニーズの男の子です。東京からはるばる車を乗り継ぎやってきました。とてもおちゃめで 新しい里親さんのところではかわいがってもらえること間違いなし!と思っています。

 

動物のお医者さん

2011年4月11日

おはようございます。

昨日は皇子が丘公園山上町広場で「大津京どうぶつ 震災復興支援チャリティーイベント」が行われました。

私も応急班「動物のお医者さん」として参加させていただきました。

ドッグラン・ペットしつけ教室・写真撮影や屋台コーナーなどがあり、とても盛り上がっていましたよ♪

ペット自慢コンテストもあり、飼い主さんご自慢のワンちゃんたちに「かわいい~^^」の声が響いていました。

お天気もよく 桜もキレイで・・・あたたかいほんわかした雰囲気が広がっていて、久しぶりにゆっくりした時間をすごせました。

それと共に震災から1カ月となり、何か形になることをしたいと思っていた中で チャリティーイベントに参加でき少しでも貢献できたのがうれしかったです。

イベントに、募金に、ご参加ご協力いただいたみなさま ありがとうございました!!

 

すきなもの

2011年4月8日

私は1972年生まれで、生まれも育ちも京都です。

比叡山のふもとに暮らしており、えっちらおっちら山中越を越えて皇子山に来ています。

夜中に峠を越えていると・・シカ・イノシシ・イタチなどに出くわします。

犬や猫が好きで獣医さんになろうと 決意しましたが、動物をみると何か落ち着くというか

自然と顔も「ニコッ^^」となりますね♪   ・・・・・というわけで、好きなものは「動物」です。

はじめまして。

2011年4月7日

はじめまして。院長の杉本 寛樹です。1月21日に皇子山動物病院がオープンして早2か月余りがたちました。オープンしたら頑張ろうと思っていたホームページの充実に意を決して取り組もうと思います。

何を気合入りまくってんの・・・とお思いになるかもしれませんが、僕は大のアナログ人間でパソコンを操作するのが億劫で億劫で・・・

いっぺんパソコンの前に座っても長続きしない理由は、一つにパソコンが融通がきかず、僕のほうはどちらかというとすこしアバウトなとこがあるからかなあと思っています。

たとえば目的を達成するところまでに何か所も関所があり、いちいち確認をせまられます。ちゃんとした答えでないとすぐそこでいきづまってしまう。

グレーゾーンのようなあいまいな答えが通用しないので、問題をおいといて次に進ませてくれない。だから一度つっかかってしまうと達成感がなかなか得られない→フラストレーションがたまる。 のではないかと思っています。

そんな僕もつい最近ある機械を海外から輸入した際、税関でチェックが入りました。小難しい通関手続きの書類の提出をもとめられました。やはりインターネットから提出書類の書式、記入の注意点ナドを引っ張り出して・・・が必要になり、いややなーと思いましたが、わかる人に聞きながら粘り強く悪戦奮闘していくと、時間はかかりましたが最初できなかったことが徐々にできるようになり、通関手続きができました。

やり続ければ、パソコン必ず使いこなせるようになると信じて、まずこのコーナーからはじめていきます。

今後もよろしくお願いします。

 

今回は固い内容だったので、次は自分の好きなことや趣味を書き込もうと思います。